黒川 岳KUROKAWA Gaku

1994年島根県生まれ、京都府在住。2016年東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科卒業、2018年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。物体や環境と身体との関係に着目し、捉え難いものを捉えようとする試みの中で、音や風、水、生物など様々な対象と自身の身体を直接関わらせながら、素材との関係性が「触れる」という感覚に置き換わるときに生まれる物のかたちや所作を彫刻やパフォーマンス・音楽などの作品で、表現している。近年の展覧会に、「甕々の声」(アートラボあいち/2021年)、「奥の工場見学」(千丸屋京湯葉本店/2021年)などがある。「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2018」公募大賞準グランプリ(2018)。
黒川岳《石を聴く》2018年
黒川岳《石を聴く》2018年
🤲