青木 野枝AOKI Noe

1958年東京都生まれ、埼玉県在住。1983年武蔵野美術大学大学院造形研究科修了。鉄板から円盤形や丸の形、直線など、基本となる形に溶断したパーツをつなぎ合わせ、創作の初期から生命やその働き、生命の源である自然を循環する水の姿を表現してきた。
霧島アートの森(鹿児島)や府中市美術館(東京)での個展開催のほか、瀬戸内国際芸術祭(香川)などの芸術祭では地域の自然や歴史と調和する屋外インスタレーションを制作するなど、注目を集める。
主なコレクション先に国立国際美術館、愛知県美術館、豊田市美術館、主な受賞歴に芸術選奨文部科学大臣賞、毎日芸術賞、中原悌二郎賞がある。
青木野枝《霧と山》2019年、鹿児島県霧島アートの森での展示、撮影:山本糾、courtesy:ANOMALY
青木野枝《霧と山》2019年、鹿児島県霧島アートの森での展示、撮影:山本糾、courtesy:ANOMALY
🤲