川俣 正KAWAMATA Tadashi

1953年北海道生まれ。フランス在住。1982年のヴェネチア・ビエンナーレ以降、世界各国の国際展やグループ展に参加し、2005年横浜トリエンナーレでは総合ディレクターを務める。東京藝術大学先端芸術表現科主任教授、パリ国立高等芸術学院教授を経て、現在もパリを拠点に活動。完成までのプロセスを作品とみなすワーク・イン・プログレスの手法を基本とし、公共空間に木材を張り巡らせるなど大規模なインスタレーションが多く、建築や都市計画、歴史学、社会学、日常のコミュニケーション、あるいは医療にまでその領域は多岐にわたる。東北では、「仙台インプログレス」(宮城県仙台市沿岸部/2017年~)や、「Reborn-Art Festival 2021-22[後期]」(宮城県石巻市/2021-22)でプロジェクトを展開している。第63回芸術選奨文部科学大臣賞受賞(2012年度)。
川俣正《Under the Water》2016年、ポンピドゥ・センター・メス
川俣正《Under the Water》2011年、カメルメノウ
🤲